果物の『あんず』肌トラブルに効果があるって知ってた?

私たちに馴染みのある『あんず』と言えば、

皆さんは何をイメージされますか?

最初に “パッ” と浮かぶのが果物ではないでしょうか。

 

しかし加齢による肌トラブルに

効果があると言われている化粧品にも配合されていたんです。

 

一体、『あんず』には、どの様な効果があるのでしょうか。

 

 

 

『あんず』の効能とは!?

まず、『あんず』には、果実に含まれる

抗酸化作用と種子から抽出したオイルの美肌効果があります。

 

化粧品の多くに使われているのが

『あんず』のオイルなのですが、高い保湿力があるのだそうです。

 

私の住んでいる町では随分前に、

『あんず』を町のシンボルにしようと、

 

苗木が各家庭に配られましたが、

結局気候があわず、育ちませんでした。

 

もし育っていたら沢山の実がなって、

私の町は私を始め“素肌美人”が沢山いて有名になっていたかも知れません(笑)

 

さて、このオイルには、「パルミトレイン酸」が

豊富に含まれていて、肌のトラブルに効果があると言われています。

 

では、この「パルミトレイン酸」とはどの様なものなのか調べてみました。

 

 

 

パルミトレイン酸とは?

脂肪酸は皮脂に含まれる成分でもっとも多く、

「オレイン酸」 ・「パルミトレイン酸」・「必須脂肪酸」で出来ています。

 

「パルミトレイン酸」は、赤ちゃんの肌に多く、

加齢とともに減少して行く脂肪酸です。

 

 

効果として肌の新陳代謝を高めてくれます!

 

 

30歳を越えた頃から「パルミトレイン酸」が

減少すると言われているので、

 

化粧のノリが悪いとか、

急に肌荒れが気になってきた、という方には効果のある成分といえます。

 

また、浸透性が高いため、

肌に素早く吸収され、柔らかな肌質へと改善する効果が期待できます。

 

更に、乾燥肌や敏感肌の改善まで

幅広く使える成分なので、肌トラブルにお悩みの方にはお勧めです。

 

しかし、20代の肌には「パルミトレイン酸」が充分にありますので、

逆効果になる事も考えられますし、

 

30代でも、ニキビによるトラブル、顔の皮脂の多い方、

毛穴の広がりが気になる方も肌に「パルミトレイン酸」が多いためです。

 

つまり、オイルのケアではなく、

水分保持のケアをした方が、効果が出る事が多いようです。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

『あんず』のオイルに含まれている

「パルミトレイン酸」の働きをご理解頂けたでしょうか。

 

効果があるから、どれもこれもと使うのではなく、

自分の肌質やトラブルを考えて使って行く事が大切だと判りましたね。

 

『あんず』は化粧品の成分としても効果の高いものですが、

サプリメントなどとして摂取する事で、

動脈硬化の予防や、高血圧の予防にもなるようです。

 

ただの果物と思っていても、素晴らしい効果がある事に驚きました。

 

わが町も、もう一度『あんず』の苗を配るよう、町長さんに相談してみようかな♪

 

 >>あんず配合の売上№1コスメはこれ!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ