老人性イボが出きる肌質ってどんなの?

皆さんは自分の肌質は何なのか、ご存知ですか?

 

私は、ずっと脂性肌だと思っていました。

 

しかし、ある年齢を境にホウレイ線や

おでこの髪の生え際辺りに赤いブツブツが出来始めて、

痒くてしかたありませんでした。

 

皮膚科を受診したら「大人ニキビ」と言われビックリしました。

 

調べてみると、年を取ると乾燥が原因で

「大人ニキビ」が出来る事が判り、

それから保湿を徹底的に行うケアに変えて改善しました。

 

この様に、自分の肌質を知らなかった為に

起きた肌トラブルでしたので、

如何に自分の肌質を知る事が大切か判りました。

 

老人性イボが出きる原因は、

肌のターンオーバーが正常でなくなる事と言われています。

 

生まれ変わって剥がれ落ちるはずの角質が

そのまま残り脂肪と一緒になったのがイボと言われています。

 

つまり、老人性イボも若いのに出来た場合、

肌質に合わないケアをして、

肌トラブルが起き易い状態になっているのかも知れません。

 

そこで、皆さんも、もしかしたら、

自分で思っている肌質が実は違っていたと言う事がないか?

今から下の項目で確認して見て下さいね♪

 

 

自分の肌質はどれ?見分け方は?

肌質は肌が持っている水分量と皮脂の量が関係してきます。

 

*「普通肌」

・肌の水分量が多く、皮脂量が少なく、

一番理想の肌質で、しっとりしていてツヤがある肌です。

肌トラブルの無い理想の肌です。

 

 

*「乾燥肌」

・肌の水分量が少なく、皮脂も少ない

・顔を洗った後いつもツッパる

・カサカサしている

・小じわが出来やすい

・ツヤがない

 

キメは細かいのですが、

潤いが常に足らず、乾燥小じわがみられます。

 

肌荒れが起き易い肌なので、

角質層の保湿が重要なお手入れになります。

 

 

*「脂性肌」

・肌の水分量が多く、皮脂量も多い

・肌にテカリががある

・毛穴が開いている

・キメが荒い

・メイクが崩れやすい

 

皮脂が過剰に分泌されているので、

全体的にべたついた感じの肌です。

 

脂性肌の状態で肌の内側の水分量が少ない肌を

「インナードライ」と言いますが、

 

脂性肌と間違いやすく、

お手入れの方法を間違うと乾燥が酷くなり肌トラブルが起き易くなります。

 

 

 

肌の状態からタイプを分けると・・・

*敏感肌

・化粧品がしみる

・新しい商品があわない

 

肌のバリア機能が低く外部からの

刺激を受けやすい肌で、元々アレルギー体質の場合がります。

 

 

*年齢肌

・肌にハリやツヤがない

・頬のたるみが気になる

・目元や口元が乾燥する

・シミが目立つ

・シワが目立つ

 

これらは、肌のターンオーバーが正常ではなくなり

代謝が悪くなった事が原因で、この様な症状が出ます。

 

 

いかがでしょうか。

ご自分の肌質がお判りになられましたか?

もし、勘違いをしてお手入れをされていた様でしたら、

この機会に化粧品を見直して見るのも良いかも知れませんよ♪

 

 >>老人性イボをコスメで改善してみる♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ