首イボのかゆみは?角質が溜まる目立つイボの対処法!

古い角質が溜まってできてしまう、老人性の首イボ。

 

首イボが、かゆみを帯びてきてしまった!

 

そんな時の対処法と、

首イボを取り去るための方法を調べてみました。

 

 

 

首イボのかゆみは、病気なのかな?

 

首イボが、なんだか最近かゆい!

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

 

病気なのかな?と不安になるかもしれませんが、

老人性の首イボのかゆみの場合は、その可能性は低いでしょう。

 

首まわりは、皮膚が薄い場所で、

洋服の摩擦が多く、ダメージを受けやすい場所になっています。

 

そして、冬などの乾燥する時期は、

更にダメージを受けてしまいます。

 

乾燥や摩擦でダメージを受けると、

イボを刺激してしまい、イボがかゆくなってしまうことがあるのです。

 

これは、ある意味外傷に近いものなので、

あまり心配する必要はありません。

 

 

もしも、イボが急に黒ずんだり赤茶のような色になったり、

周りのイボとくっついて変色するような場合は、

他の病気が原因になっていることが考えられます。

 

そのような症状が出た場合は、

医師の診察を受けることをおすすめします。

 

 

 

首イボができてしまう原因と、その対処法

 

では、この老人性イボが、どのような原因でできてしまうか、

そして、どのような対策を取れば良いのかを一緒に学んでいきましょう。

 

 

老人性のイボは、古くなった角質が

固まってイボのように見えるようになることでできます。

 

肌がざらざらしたり、

小さなイボが老人性のイボと言っていいでしょう。

 

 

老人性イボは、肌の代謝が

悪くなり始める30代を過ぎた頃から出来やすくなりはじめ、

放っておくと、次々に生まれてきてしまいます。

 

 

老人性の角質が溜まるタイプの首イボに効くのは、

やはり、肌の代謝をよくしたり、角質を取り除いてくれる成分になります。

 

 

その成分とは何か?

おすすめしたいのは、あんずエキスとハトムギエキスです。

 

 

まず、あんずエキスは、

パルミトレイン酸という成分が豊富に含まれています。

パルミトレイン酸は、人間が元々持っている「肌を若々しく保つ成分」です。

 

これは、加齢によって減少をはじめ、

30代を過ぎた頃から分泌量が低下してきます。

 

パルミトレイン酸が十分に足りていると、

肌の再生スピードが丁度良く保たれ、若々しい肌になることができます!

 

 

そして、ハトムギエキス。

これは、別名「ヨクイニン」とも言われ、

皮膚の表面の新陳代謝を高めて、新しい細胞を作ってくれる重要な成分です。

 

これが足りていないと、

新陳代謝がうまく行われず、皮膚が分厚くなってしまいます。

 

 

あんずエキスやハトムギエキスは、

色々な角質ケア商品に入っていたり、

ハトムギエキスの入ったサプリメントが販売されています。

 

一度、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

>>ハトムギ・杏の首イボ専用コスメなら♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ