首イボが大きくなる前に!おすすめの対策!

首や顔に気づくとできてしまう、気になるイボ。

 

このまま、大きい塊になってしまうのだろうか?

 

なんとかして、早く対策を打たなければ!

そう考えて、色々な商品を試している方も、いらっしゃるかと思います。

 

まずは、首イボのできるしくみを

理解してから、正しい対処方法を知ることが大切です。

 

それを、今から一緒に学んでいきましょう!

 

 

首イボができてしまう仕組み!!

さて、首イボができてしまう仕組みを簡単にご説明します。

 

肌のざらつきや、イボはアクロコルドンという、

古い角質が皮膚の表面に溜まった状態のものを言います。

 

このアクロコルドンは、大きくなるにつれて、

アクロコルドン→スキンタッグ→軟性繊維種と名前を変えていきます。

 

これは、見た目や大きさで判断することになります。

 

 

肌のざらつきや、小さいイボのアクロコルドン状態のうちに、

効果的な成分を肌にしっかり継続して塗りこむことで、

 

大きくなるのを防いだり、

時間はかかりますが、取り除くことも可能なのです!

 

 

アクロコルドンに効く成分とは?

では、このアクロコルドンに効くおすすめの成分をご紹介します。

 

それは、

・あんずエキス

・ハトムギエキス(ヨクイニン)

この2つです!

 

まず、あんずエキスには、パルミトレイン酸という、

肌の老化を防いで若々しさを保つ成分が入っています。

このパルミトレイン酸、元々は人間が

持っている成分なのですが、加齢と共に減少が始まります。

 

だいたい、30代頃から、分泌量が低下していきます。

 

パルミトレイン酸が少なくなると、肌の再生スピードが遅くなり、

若々しい肌を保つのが難しくなってきます。

 

つまり、これを補えるものを探す必要がありますね。

 

次に、ハトムギエキス(ヨクイニン)です。

これは、皮膚の表面の新陳代謝を高めて、

新しい細胞を作る時に必要な成分なのです。

 

ハトムギエキスの中に入っているビタミンBは、

不足すると、目の周りが腫れぼったくなってしまったり、

皮膚が分厚くなってしまうという悪効果もあります。

 

ビタミンBは、歳を重ねるごとに減少が目立つようになります。

 

肌の代謝に必須な要素なので、とっておく必要がありますね。

 

ちなみに、30代過ぎてから顔にできるニキビや、

イボはビタミンBが不足しているサインとも言われています。

 

これらの、あんずエキスやヨクイニン(ハトムギエキス)を含んだ

美容商品や、サプリメントを摂ることで、

徐々に首イボが小さくなったり、首イボができるのを抑えることができるでしょう。

 

あんずエキスやヨクイニンは、すぐに効果がある成分ではありません。

 

数ヶ月かけて、徐々に効いてくる成分なので、

焦らずにまずは3ヶ月以上を目安に、

美容商品やサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

>>累計60万個売り上げた実績を誇る首イボコスメ♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ