危険!首イボを糸で縛ったり、ちぎるのはダメ!

いつの間にかできてきてしまった、気になる首イボ!

プツプツ、ブツブツとあって、首もとを出すのが恥ずかしい・・・

 

「首イボをなんとかしたい!」

そうお考えの方も多いかと思います。

 

首イボを糸で縛る方法や、

ちぎる方法はすぐに考え付く方法ですが、

これは首イボ除去に、本当に効果的なのか?

うまく消す方法として最適なのかを調べてみました。

 

 

 

首イボを糸で縛ると?

 

首イボを糸で縛る方法は、

やり方がインターネットに載っていたりして、

簡単に実践できる方法にはなります。

 

自分の力で除去できるのは

利点にはなりますが、注意点がたくさんあります。

 

イボは、あくまでも身体の、皮膚の一部なんです。

 

 

上手く糸を使って切り落とせた場合でも、

切り取った場所から血が出たりして、

 

傷口から菌が入って荒れてしまったり、

化膿してしまう可能性があります。

 

そして、イボの大きさや、

縛り上げるときに、とても痛いという可能性もあるので、

思い切ってしっかり縛るのが難しいという難点もあります。

 

切り落としてしまうと、

やはり傷となってしまいますので傷痕が残って、

逆に前より目立ってしまった!という状態にもなりかねません。

 

そして、たまにあるのは、

古い角質からできるイボではなく、ウイルス性のイボの場合、

縛ってつぶしてしまうことで、

他の部分にイボが逆に増えてしまうという可能性もあります。

 

感染症や傷の悪化というリスクがある以上、

あまり挑戦するのはおすすめできないでしょう。

 

 

 

首イボをちぎるのはどうなの?

首イボをひっぱってちぎる。

 

これも、簡単に思いついて実践できる方法ではあります。

 

ですが、先ほどお話したように、

イボは身体の皮膚の一部なのです。

 

無理やりちぎることによって、

傷ができてしまい、出血や傷口からの感染症、

 

それが起こらなかったとしても、

前より目立った跡が残ってしまうリスクが十分に考えられます。

 

ウイルス性だった場合も、

汁が飛んでしまい、他の場所に移ってしまう事も容易に想像できますね。

 

 

つまり、首イボを糸で縛る・ちぎるのは、おすすめできません!

 

 

 

首イボの気になる対処法

では、首イボに対する正しい対処法とは何なのでしょうか?

 

ウイルス性のイボの場合は、やはりお医者さんにかかって、

正しい診断と薬を出してもらうのが一番良いでしょう。

 

古い角質が原因でできるタイプの、

老年性イボの場合は、

 

イボに効く「ヨクイニン」や「あんずエキス」を使った化粧品を使うことで、

対策ができる可能性があります。

 

ヨクイニンは、ハトムギエキスとも表記され、

あんずエキスは、あんず種子とも表記されることがあります。

 

角質ケアの商品に多く含まれている場合がありますので、

そのような商品を買うときには、注目してみてはいかがでしょうか。

 

>>首イボ専用売上№1コスメなら♪

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ