首周りイボの原因は?間違えてはいけない!対処法!

いつの間にかできてしまう、首周りのイボ。

 

とても厄介ですよね・・・

 

この首周りのイボの原因は、一体何なのか??

 

調べてみたところ、大きく分けて2つの原因がありました。

 

まずはそちらの解明と、

そして、原因にあわせた解決方法をご紹介します。

 

 

 

1つ目のイボの名は?

まずは、原因がウイルス性のものについてご紹介します。

いわゆる、水イボというやつですね。

 

この水イボは、「ポックスウイルス」

というウイルスが原因になってイボができる、感染症です。

 

感染経路の主な手段は、接触感染です。

 

例えを挙げると、プールの水に乗って感染してしまったり、

イボの部分が触れたタオルや洋服を触ってしまうことでも移ります。

 

この水イボは、夏場に多くかかる事が多く、

症状が出る場所は、体のいたるところですが、

 

わきの下やひざの裏側など、皮膚がこすれ合いやすい場所は

イボがつぶれてしまい、その汁で感染が広がりやすい傾向にあります。

 

 

 

2つ目のイボの名は?

次は、原因が古い角質にあるものについてお話します。

 

これは、通称「アクロコルドン」や「老年性イボ」といわれ、

古い角質が皮膚の表面に溜まり、固まってイボになります。

 

先ほどの水イボと違って、接触感染はありません。

 

このアクロコルドンが発生する原因は、はっきりとは解明されていませんが、

 

皮膚がやわらかい場所、

つまり首などに発生しやすく、

30代を過ぎた女性が多く発症するケースが多いようです。

 

 

 

2種類のイボに正しく対処しよう!

 

さて・・・この2種類のイボについてですが、

気になるのは、「病院に行かないと治せないの?」という点です。

 

答えから言いますと、水イボはお医者様をオススメします。

 

アクロコルドンは、角質ケアの美容商品で対応も可能です。

 

水イボは、先ほども申し上げた通り、

ウイルスが原因になっています。

 

つまり、病院でウイルスを殺す薬を出してもらうのが一番の近道です!

 

さて、もう1つのアクロコルドンですが、

これは、皮膚の代謝がうまくいっていない状態で起こることなので、

 

古い角質のケアをしてくれる美容商品を使って、

こまめにケアをすることで、解決できる可能性が十分にあります。

 

 

病院でイボを焼ききってもらう方法などもありますが、

皮膚の代謝がうまくいかない場合は、

何度も病院に通うはめになってしまいます。

 

 

このアクロコルドンに効く成分として注目したいのは、

「ヨクイニン」という成分です。

 

ヨクイニンは、ハトムギエキスとも

言われていて、どちらも効果は変わりません。

 

皮膚の代謝を高めて、

新しい細胞を作る時に必要な成分になります。

 

ヨクイニンは、錠剤になって販売されていたり、

美容ジェルなどに含まれていたりするので、

 

化粧品をお買い求めの際は注目してみてはいかがでしょうか。

 

>>ヨクイニン・ハトムギ配合の人気№1ジェルなら!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ