首イボ治療じゃなくても効果はあるの?

歳を重ねてから、徐々にできてしまっている首イボや、

デコルテがなんだかザラザラしてしまう・・・

そんなお悩みに困っている方は多いかと思います。

 

そんなお悩みを解消する、

首イボ効果に効くオールインワンジェルがあります。

最近では、インターネットの広告や口コミで効果が広がって、

名前だけは知っている!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

今回は、首イボのできる原因や首イボ治療の方法、

首イボ治療をしない対処法を、まとめてみましたのでご覧ください。

 

 

 

どうして、首イボはできるの?

まず、首イボができる原因としては、

「角質粒」というものが原因と言われています。

 

詳しく説明しますと、古い角質が皮膚の表面に溜まってしまい、

まるでイボのように固まりになってしまう現象の事になります。

 

このざらつきや首イボの事を、アクロコルドンと言います。

 

アクロコルドンができる原因は、

いまだにしっかりと解明はされていないのですが、

 

30代を過ぎた女性が発症しやすく、

そして皮膚の柔らかい場所にできやすいと言われています。

 

アクロコルドンは、いわゆる「良性の腫瘍」に分類されるので、

何か身体に悪さをする事はありませんが、

 

お洋服の摩擦や、アクセサリーが引っかかってしまうことで、

炎症に繋がる可能性も考えられるのです。

 

 

この、アクロコルドンという首イボは、

大きさが増すごとに、

アクロコルドン→スキンタッグ→軟性繊維種

と名前を変えます。

 

大きさや見た目で、判断されるようです。

 

首イボのできる原因は、

日常生活で起こる皮膚の代謝がスムーズに行かずに

肌の表面に残ってしまい、固まってしまうことが挙げられます。

 

 

 

首イボ治療って、どんなことをするの?

 

では、一番最初に思いつくであろう、病院での首イボの治療をご紹介します。

 

首イボを除去するための方法は、

主に

・ピンセットやハサミを使い切除する

・液体窒素を使って焼き切る

・炭酸ガスレーザーで取る

 

これらの方法があるようです。

 

ですが、肌の代謝が原因で起こる首イボは、

この治療法で完全に治り、

それからずっと発生しない!という保障がないという事が考えられます。

 

まず、肌の代謝が良くならないと、いつまで経っても、

何度も再発してしまうのは当たり前の事なのかもしれません。

 

例外として、首イボの原因がウイルス性だった場合は、

これらの首イボ治療法がとても有効だと言えます。

 

まずは、原因を把握されることをおすすめします。

そして、次から書きます方法は、

ウイルス性ではなく、肌の代謝が原因の首イボに効く方法になります。

 

>>艶つや習慣公式サイトはコチラ!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ