イボも色々。老人性イボ?扁平イボ?イボメラノーマ?違いって?

 

一言に「イボができた。」

 

といってもその種類は月とすっぽんほどに違いがあります。

 

他の記事で紹介したように、

イボと見せかけてガン、なんてこともあるんですから。

 

実は他にもいろんなイボの種類があります。

 

今回は、

まず老人性イボについておさらいし、

扁平イボ、メラノーマについて紹介します。

 

 

イボの種類をここで理解し、対処を間違えないようする!

まずは「老人性イボ」ですね。

別名、「老人性疣贅」

私の祖母のイボがこれです。

 

これは名前の通り、歳を重ねるに従って

皮膚もだんだんとターンオーバーが

進まなくなってくることで出現が多くなってくるイボです。

手のひらや足の裏以外の

全身のどこにでもできるのがその大きな特徴です。

 

突然大きなボツボツができることはなく、

一般に「肌がざらざらしてきたなぁ。」

といった初期症状があるようです。

 

また、突然大きくなることもなく、

1ミリ~2ミリの小さなものから少しずつ大きくなっていきます。

 

見た感じは黒から茶色っぽいのまであるし、

平らだったり、膨らんでいたり・・・

と、人の数だけイボの種類あり、といった感じです。

 

老人性イボは見た目こそ気になるものの、

ウイルス性のイボと違って身体に害はありません。

 

 

 

青年性扁平疣贅とは!?

 

老人性イボが老人に多い一方、

若者に多く見られるのが「扁平イボ」、別名、「青年性扁平疣贅」です。

 

名前の通り、若者に多く発症し、

中年以降での発症は殆どありません。

 

扁平イボは老人性イボと違って、

ウイルスが原因となり発症します。

 

できる場所は顔や手の甲といった場所におおく、

その大きさは老人性イボとさほど変わらない2ミリ程度で、

赤茶色っぽい色のイボであることが特徴です。

 

若者に発症することが多いので

身体が成長するにしたがって治っていくケースも多いのだとか。

 

 

悪性黒色腫だったら、最も恐ろしい!?

 

一番恐ろしいのは「メラノーマ」、別名、「悪性黒色腫」です。

 

これはいわゆる皮膚ガンの一種です。

 

全身の中でも、手のひらや爪の裏側、

口の中といった老人性イボや

扁平イボとは異なる場所にできることが多いようです。

 

 

見た目がほくろのように見えるというのがやっかいで、

ほくろだと勘違いして放置した結果、

手遅れになってしまった、なんてことも少なくありません。

 

 

このメラノーマの初期症状は、

「痛い、かゆい」

「血が出ている」

「色が濃いところと薄いところがある」

「どこからイボかわからない」

 

といったものが挙げられます。

 

原因がはっきりとしていないというのが怖さを増幅させてきます。

 

日本での感染例は少ないですが、

その根拠なき安心が早期発見を遅らせる原因でもあるので、疑

わしきものがあったらすぐに皮膚科を受診してください。

 

 

 

一言でイボと言っても、

命にかかわるものがら放置してもいいものまでピンキリです。

 

 

あなたやあなたの家族のイボはどれなのか、

もう一度確認してみませんか?

 

 

祖母は皮膚科受診の結果、

晴れて(?)老人性イボだと認定されました。

 

 ⇒老人性イボならコチラ!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ