老人性イボ・顔イボに効く成分はこの2つ!アレルギーにはNG?

 

顔や首にできる小さなプツプツは「老人性イボ」と俗に呼ばています。

 

この老人性イボを取る時は、艶つや習慣プラスの出番です!

 

老人性イボが取れる成分は何なのでしょうか。

 

アレルギー成分は入っていないかも気になりますね。

 

艶つや習慣プラスの成分やアレルギーが出るかどうかを調べてみました。

 

 

 

顔イボ・首イボ 老人性イボの特徴

 

1ミリから2ミリの小さなぷつぷつです。

首やデコルテに現れることが多いです。

 

首イボは、首と肩の境目からデコルテにかけて多く発生します。

 

色は肌色から薄茶色です。

 

顔イボの場合、目の下に白い脂肪の塊のようなものが現れます。

 

顔や首に現れるイボを、老人性イボと呼ぶことがありますが、

若い方でもストレスや紫外線の影響を受けたり、

妊娠・出産がきっかけで発生することがあります。

 

 

顔イボ・首イボ 老人性イボの正体はまさかのアレ?

 

老人性イボの正体は、実は角質です。

角質といえば、ガサガサのかかとやひじも、古くなった角質が原因ですね。

 

肌というのは、実はゆっくりと生まれ変わっているって知っていましたか?

 

私たちがこうやってネットで調べ物をしたり、

コーヒーを飲んでくつろいでいる時だって、古い肌がゆっくりと押し上げられ、

角質は垢(あか)となって剥がれ落ちます。

 

ところが、年を重ねるうちに、

古い角質を肌から引き離す力が弱くなってきて角質が残ってしまいます。

 

 

老人性イボの原因と対処法!

 

原因は紫外線によるダメージと肌の乾燥です。

 

食生活に気を付け、十分な睡眠を取っていれば、

多少の紫外線を浴びても、肌は生まれ変わる力を持っています。

 

ところが、寝不足が続いたり、ストレスがたまると、

肌が生まれ変わるサイクルに追い付かなくなってしまいます。

 

そんなことはわかっているものの、簡単に生活のサイクルを変えたり、

ストレスを一気に解消というわけにはいかないのが、

現代社会の辛いところ。

 

 

だからこそ、艶つや習慣プラスで

紫外線に対抗できる強い肌を作り、意識的に肌の保湿をすることが大事!

 

 

その顔イボ、ウイルス性かも知れませんよ!

 

今まで老人性イボのことを書いてきましたが、

イボには「老人性イボ」と「ウイルス性イボ」の2種類があります。

 

老人性イボは紫外線や乾燥でダメージを受けた肌に、

加齢という条件が加わりできるイボです。

 

ウイルス性イボは、肌の傷から ウイルス性が入ることで、

顔や手、足に広がるイボを指します。

具体的な感染経路は、実はわかっていません。

 

 

イボの原因となるウイルスは、

自然界にも私たちの体内にも存在していますが、

 

免疫が弱った時に、

体内に存在しているヒトバピローマウイルスがイボとなって現れることがあります。

 

 

顔にできるウイルス性のイボの多くは

「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)」と呼ばれ、

米粒くらいの茶色いシミが少し盛り上がったように見えます。

 

20歳前後の女性に多く見られます。

 

 

どの成分が老人性イボに効果あるのか

 

老人性イボは、現代女性だけに限られた悩みではありません。

 

昔から老人性イボに効果があるといわれてきたものが2つあります。

 

それが、あんずとハトムギ。

 

昔から杏仁(きょうにん)オイルをイボに塗ったり、

ハトムギ茶を飲んでイボを退治してきました。

 

あんずの種にパルミトレイン酸という成分があり、

これがお肌の生まれ変わりを助けることがわかってきました。

 

艶つや成分プラスには、なんと!!

あんずエキスとハトムギエキスが入っているんです!

 

単なるオールインワンジェルじゃないんですよ。

 

イボを取ることに特化したジェルというわけです。

   艶つや習慣プラス公式サイト!

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ